なんでブルースバンドなん?

 

 あ、どうもマカロニです。初めてです。緊張してます。はい。

 

 なんでブルースやってないのにブルースバンドなん?って素朴な疑問にちょいと

 

 結成当時(マカロニ・たつみ・しん・ジョシュア)でやってたんですが、音楽の趣向っていうか映画「ブルース・ブラザーズ 米)

 

 の話で盛り上がり(でも盛り上がってたのはマカロニとたつみだけだった気が…)

 

 バンドやろうー!ってなって

 

 なんかノリでつけたんだっけ?う~ん…

 

 ブルースってなんやねん?って聞かれても俺もよくわからんのです。

 

 ただ、俺にとって18の時にブルース、17の時にR&Rに出会ってしまってから今までずっと大好きな音楽です。

 

 初めて聞いたときは、歌詞は英語だし、意味なんかさっぱりわからない。だけど、その音と雰囲気からなんていうの?

 

 「どっかーん」とか抽象的すぎるんだけど、業界用語でいうと「十字路に立っちゃった*」んですね(笑)

 

 偉大な方にこういう質問すると、

 

 「ブルース?今この瞬間もブルースだし、あの時もブルースだよ」 ジョン・りー・フッカー

 

 「ブルース?俺がブルースだ!」 バディ・ガイ

 

 「ブルース?俺のすべてだよ」 ジョニー・ウィンター

 

 「ブルース?ブルースとはつまり、組み合わせなんだ。そこが大切なとこなんだってことを、わかってほしい」 B.B King

 

 

 答えになってるようななってないような…ってことで勘弁して。

 

 でも、ブルースって本当に聞いてて、演っててたのしいよ!

 

 もし、興味が湧いたらレンタルでも動画サイトでもいいから1っぺん聞いてみるといい。

 

 きっと一生付き合えるから!

 

 

 *「十字路に立つ」 某業界用語。

 夜中に十字路に立って1曲演やる、そうすると誰かが「取引しないか」と話かけてくる。取引をすると、自分の腕がまるで何か取り付いたようにうまくなっている…

 しかしその代償として取引した者は、自分の魂を悪魔に売り渡さなければいけない…っていうおっかない伝説。